ネット×リアルで経営革新を

事例・インタビュー

2018.12.27

マンション修繕工事を営む企業に対するデジタルマーケティングを活用した新規事業推進支援事例

長年安定した市場規模を保ってきた大規模修繕工事業にもデジタル・ディスラプションの波が押し寄せています。業界の大きな課題である労働力不足をAIによって改善する動きが加速し、従来のピラミッド型産業構造も崩壊がはじまっています。
しかし多くの企業は、変革に対応しなければいけないという危機感を持っていても、具体的な対策がとれない状態です。
そこでmodeでは、EC(電子商取引)事業の導入設計や事業計画立案、SNSの活用計画策定などを含むデジタルマーケティングの導入検討や新規事業推進の支援を行っております。今回はその事例をご紹介します。

【既存事業で培った資産・強み+デジタル】で職人の生産性を高める新規事業の推進を支援

マンションなどの大規模修繕工事を主軸として事業を展開するACE株式会社は、建設現場を管理する職人を取り巻く労働環境と、彼らの生産性を改善したいと考えていました。
職人の多くが個人事業主であるため、建設現場で必要な備品を揃えるには自分で発注する必要がありました。FAXや電話での発注業務は作業が煩雑で、生産性を大きく下げていたのです。
そこでACE株式会社は、職人専門のECサイトを立ち上げて備品の発注業務を電子化すれば、必要備品を早く確実に揃えられるのではないかと考え、新規事業として立ち上げることを決めました。
しかし職人専門のECサイトには先行している競合企業がいたため、サイトを差別化させる必要がありました。この課題に対し、modeはECサイトの戦略立案をサポート。認知を一気に広げるため、従来のネットプロモーションだけでなくSNSを活用した集客資産の立案をご提案しました。

元フジテレビプロデューサー高瀬氏に参画頂き、SNSを活用した認知度向上PJを始動

職人に対するブランド認知度の拡大が成否をわける新規事業だったため、コンテンツ企画にあたり高瀬敦也氏をご紹介しました。高瀬氏はフジテレビの元プロデューサーで、「逃走中」「ヌメロン」など様々なヒットコンテンツの生みの親として知られています。
ターゲットへの訴求力が高いコンテンツ作りに多数の実績をお持ちの高瀬氏に参画していただき、今後、職人から共感を得られる動画製作など様々な施策を実施していく予定です。



このようにmodeは今後もクライアント社内にはないデジタルマーケティングのノウハウを活かし、EC(電子商取引)事業の導入設計や事業計画立案、SNSの活用計画策定などを支援して参ります。

  • 0

    Twitter
  • 0

    Facebook
  • 0

    はてなブックマーク
  • 0

    Google+
  • 0

    Pocket

事例・インタビューの最新記事

提携サイト

  • 自宅で学ぶ 体験EC DIDYCO ディディコ
  • もしもしにっぽん
  • Kawaii-Japanda
  • コドモエ
  • 参田家のおうち手帖
  • 日本全国お取り寄せ手帖 おいしいといいものが大集合! 扶桑社
  • mani mani MAG
  • ひかりTVドリーム
  • T-SPOOK TOKYO HALLOWEEN PARTY